支援方針

 

「コンサルタントが必要ない組織づくり」

 

 極論を言うと、コンサルタントという職業は無くても良い商売だと考えています。そのため、企業にとってコンサルタントがいなくなっても良いように、仕組み作りをすることを目標に支援しています。

 こちらからすべての指示を出しやダメ出しをするのではなく、「事業者様がどのように会社を導いていきたいのか」ということを中心にヒアリングを進めます。話し合いの中で方向性を導き出し、具体的な手段や手法については助言を行うことで事業者様の右腕として経営に参加します。

 

支援を通して「やることが明確になった」「行動に移せた」や、具体的な成果としては「新規顧客を獲得できた」「原価率が下がった」などの声を頂戴しています。

 

 コンサルタントは売上アップをさせるための魔法使いではありません。やるべきこと明確にし、いつまでに何をすべきか進捗確認と軌道修正をする役割を担っています。あくまで行動を起こすのは事業者様です。ビジョンに対して『少しでも行動を起こしたい』という方はお気軽にご相談ください。

代表者紹介

伊藤 隆光

 大学卒業後に都内業務用酒販店に約10年間勤務し、新規開拓営業、販売促進支援、新商品仕入れ業務、新入社員研修などのほか、在職中に300件以上の飲食店を担当し、清酒メーカー、ビールメーカー、焼酎メーカー、ワイン・スピリッツなどのインポーターとのコーディネートを行う。

 

 コンサルタントとしては酒類の豊富な知識や流通のノウハウをもと酒販店、酒蔵、飲食店を中心に支援を行っている。酒類業界に関する支援のほかは、環境の変化に対応した事業展開するための経営革新計画策定・実行支援、企業研修・セミナー、などを行っている。

 

中小企業診断士、ソムリエ、sake diploma

所属団体:千葉県中小企業診断士協会、習志野商工会議所、八千代商工会議所、東京商工会議所、日本ソムリエ協会、など