常に新商品に触れる

ここ数日で試してみたお酒についてのお話です。
 
 
 
商売柄、新しい商品は試してみる様にしています。
お酒はもちろんですが、食べ物もサービスもです。
 
 
 
 
 
まずはコエドビールのマリハナ。
 
 
 
 
 
 
 
 
IPA(インディアンペールエール)というホップのクセが強いタイプのビールですが、度数も4.5%と低いのと、華やかな香りがするので飲みやすかったですね。
 
 
 
 
 
改めて見るとコエドビールのロゴとかラベルってカッコいいなぁと思いますね。
 
 
 
 
 
 
続いてサッポロのピーチベルグ。
 
 
 
 
 
 
 
 
ホワイトベルグはよく飲むんですが、これは初めてです。
自分の好みじゃなかったですが、アルコール苦手な人だと良いのかな。正直、ちょっとイマイチです、オレンジピールとホワイトビールの相性は良いんですけどね。
 
 
 
 
 
 
 
フルーツ系のビールはいろいろありますが、ターゲットがぼやけてるとどっちつかずになります。
 
 
 
 
 
 
 
 
普段飲まない人を想定するなら苦味を抑えた方が良いし、ビール好きな人を想定するなら苦味と相性のよりフルーツを選ぶとかですね。
 
 
 
 
 
 
 
最後に小左衛門の立春しぼり。
 
おりがらみです。
 
 
 
 
 
 
 
おりが落ち着いた状態と、おりを混ぜた状態の2回で楽しみました。
1つのお酒で2回楽しめるのもうれしいですね。
 
 
 
 
 
 
立春という季節を感じるイベントとして、近頃はいろいろな蔵元がとりくんでいます。
 
 
 
 
 
 
立春しぼりに関する賛否はあるかもしれませんが、季節感のある提案は消費者側
にとってみると嬉しいんじゃないかと思います。
 
 
 
 
 
 
そういえば、毎年参加している神崎の蔵開きももうそろろですね。さて、今年は参加できるのだろうか。
 
 
伊藤

Follow me!