人生が変わる優先順位の付け方

1つの場所で仕事をするということはあまりなく、日中のほとんどを色々なところに飛び回っています。そのため、移動時間を含めたスキマ時間をどのように活用するかということがとても重要になっています。

 

 

 

この日は新宿で時間が空いたので、コワーキングスペースを探していってきました。あるキュレーションサイトでNo1だったTSUTAYA APARTMENTの中に併設されたところに行ってきました。

 

 

 

 

空いてるって書いてありましたが、結構混んでましたね。コワーキングスペースよりもアパートメントの方は凄かったです。TSUTAYA APARTMENTは新しいサービスですけど、これからはこういうのが増えるんでしょうね。

 

 

さて、コワーキングスペースの中はこんな感じ。

 

 

 

 

かなりおしゃれな感じで、陳列してある本は読むことも買うこともできます。最近はカフェと書店が併設しているところが多いですが、物販だけではなくサービスとのハイブリッド型はこれからも可能性があると思います。物を使うスペースや時間にお金を払う時代って感じですね。

 

 

目の前にあった本をちらっと読んでみたり。

 

 

 

 

 

買うほどじゃないんだけど、ちょっとだけ読んでみたい。まさにそんな感じの本を手に取りました。参考になることもたくさんありました。その中でも一番刺さった言葉があります。

 

 

『緊急じゃないけど重要なことをしないと人生は変わらない』

 

 

なるほどなぁと思いました。

 

よく優先順位をつけなさい、ということを色々な場面でも言われたり言ったりしていると思います。その時に出てくるのが、緊急度と重要度です。

 

  1. 緊急で重要な案件
  2. 緊急だが重要ではない案件
  3. 緊急ではないが重要な案件
  4. 緊急ではなく重要でもない案件

 

上記のように優先順位をつけると良いと言われています。皆さんはどうでしょうか?私自身にも言えることなんですが、「3.緊急ではないが重要な案件」はついつい後回しになってしまいがちです。頭の中ではこんなことを考えているはずです。

 

 

  • いつかやりたい
  • やったら良くなるのはわかってる
  • やる時間がない

 

 

研修講師として登壇している時に「緊急ではないが重要な案件はいつ取り組めばよいですか?」という質問を受けたことがあります。結論としては、自分で締め切りを決めることです。他人が納期を決めないのであれば、自分で決めるしかないですよね。

 

 

人生が変わるかどうかはまさに本人次第ですが、核心をついた一言だと思いました。忙しいとか忙しくないとか関係ないですからね。今年は私も緊急ではないが重要な案件に取り組んでいきたいと思います!

 

  • 原価管理して利益を伸ばしたい
  • 商品開発したい
  • 事業計画を立てたい
  • 新しい取り組みをしたい

 

やりたいことがなかなかできない事業者の皆様、一緒に緊急度が低くて重要な案件の優先度をあげましょう!

Follow me!